無線LAN(Wi-Fi)接続サポート

無線LAN(Wi-Fi)接続サポートでは、社内または自宅のどこにいてもパソコンを使用したい場合や、ケーブルの配線が出来ない環境の場合等、無線LAN(Wi-Fi)を導入することにより解決することが可能です。

少し前までは転送速度が遅いというデメリットがございましたが、最近の無線LAN(Wi-Fi)では高速な転送も可能となっており、利便性が向上しています。

無線LANの導入には認証方法や暗号化の方法の選択、設定などが必要となり、専門知識がないと設定は未だに難しい部類に入りますが、弊社無線LAN接続サポートでは、東京を中心とした出張にて、機器の選定から設置まで承っております。

よくあるプロバイダーの月額いくらでの無線LAN(Wi-Fi)オプションは必要ございません。

無線LAN(Wi-Fi)の導入をお考えのお客様は、是非TFパソコンサポートまでご相談ください。

無線LAN(Wi-Fi)を導入する主なメリット

  • 煩雑な配線が省ける
  • 電波内であればどこでもインターネットに接続できる
  • 自宅内にインターネット環境があればスマホ・タブレット・携帯ゲーム機(PSP・DS)でインターネットに接続できるようになる。

無線LAN(Wi-Fi)接続サポート料金例

※東京都3,240円地区に出張の上、新規に無線LAN(Wi-Fi)を導入し、2台のパソコンを無線で接続した場合

合計14,040円
基本作業料金(1時間)5,400円
無線LAN親機設定3,240円
無線LAN子機設定(2台)2,160円
出張費用(3,240円地区の場合)3,240円

詳しいサポート料金はこちらのページをご覧下さい。

パソコンサポート料金表

無線LAN(Wi-Fi)の主な規格

無線LAN(Wi-Fi)にはいくつか規格があり、使用している周波数帯によって特性が異なります。

現在一般的に普及している規格は以下の通りとなっており、弊社無線LAN接続(Wi-Fi)サポートでは最も環境に適している規格を選択し、導入をサポート致します。

IEEE 802.11ac
使用周波数5GHz帯、様々なオプションをつける事により最大転送速度約6.9Gbpsとなり、家電製品の影響を受けにくいが、障害物に弱く、伝送距離が短いがビームフォーミングに対応する事で使用エリアが拡大する。
使用する無線ルーターのオプションの有無により最大伝送速度は大きく変わります。
IEEE 802.11n
使用周波数2.4GHz帯と5.2GHz帯のどちらかを選択。様々なオプションをつける事により最大転送速度約600Mbpsとなり、使用する周波数帯を切り替えることが可能です。
IEEE 802.11a
使用周波数5.2GHz帯、最大転送速度54Mbpsとなり、家電製品の影響を受けにくいが、障害物に弱く、伝送距離が短い。
IEEE 802.11b
使用周波数2.4GH帯z、最大転送速度11Mbpsとなり、IEEE 802.11aと比べ伝送距離は長く障害物に弱いが、他の家電製品などの影響で電波が不安定になる場合がある。
IEEE 802.11g
使用周波数2.4GHz帯、最大転送速度54Mbpsとなり、基本的にはIEEE 802.11bの転送速度が上がったものとなり、互換性もある。

無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティ

無線LAN(Wi-Fi)は電波の届くところだと、誰でもアクセスできてしまうため、セキュリティは強固に保たなくてはいけません。
セキュリティを疎かにしてしまうと、無線を外から勝手に使用されたり、自身のパソコンのデータを盗みだされたり、改竄されたりする可能性があります。
特に古い機器をご使用のお客様は、昔の暗号化方法は現在簡単に破られてしまいますので、十分ご注意ください。

通信の暗号化
セキュリティ対策を行う上で、最低限必要となるのが通信の暗号化です。
機器によって名称は変わることはありますが、現在コンシューマー向けの主な暗号化の種類は【WEP】・【WPA-PSK-TKIP】・【WPA2-PSK-TKIP】・【WPA-PSK-AES】・【WPA2-PSK-AES】の5つとなり、後の方ほど暗号強度が高くなります。
WEP及びキーの短いWPA-PSK-TKIPは現在簡単に暗号を解読することが可能となっている為、早急に変更する事をお勧めいたします。